弘億団地自主防災会活動の変革
「ひと・まち広島未来づくりファンド H㎡(ふむふむ)」で、安否確認システム等を使った防災改革が採択されました。
改革は、『インフォメーションからコミュニケーションへ』
今までの防災会では、避難情報など一方的に伝えるていましたが、それでは駄目だ、双方向の情報伝達が必要だとなりました。
「危ないから避難してください」ではなく、「危ないから避難してください。どうされますか?必要なら支援しますよ」の様に避難者の意見及び行動が分かる体制にします。
そして、高齢化に伴い要支援者が増加しています、その方のサポート体制も必要不可欠となっています。
一年間様々な対策を考え、災害に強にまちづくりしてまいります。その内容を逐次報告させて頂きます。

Follow me!